amazonで使えるクーポン一覧をcheck!

乾燥に負けない!冬こそ取り入れたいオイル美容

(リコ)

こんにちは、リコです。

乾燥が気になりだしてからオイル美容を始めました。

コスパ◎アルガンオイル、ホホバオイル

今使っているのはこの2つです。

左がiherbのアルガンオイル、右がオーガニック・ゴールデン生 ホホバオイル。

(リコ)

寒いと冷えて固まっちゃう(゜.゜)

ホホバオイルは人間の皮脂構造に似た分子構造をしているからお肌に馴染みやすくて浸透しやすいんですって。

オイルって色々あるから何を使えばいいか悩みますよね?

私もiherbで人気だったという理由でとりあえずアルガンオイルを買って使っていました。

その後、いつもブログを見てるすごく美肌のブロガーさんがホホバオイルをお勧めしてて、ホホバ試してみたーいと思い買ってみたんです。

その方がおすすめしていたのは他のホホバオイルだったんですけど、とりあえずホホバを安く試してみたいな~って思って、このサイトで買うことに。

これすごいんですよ😳

オーガニック先進国オーストラリア最大認定機関「ACO」に認証を受けているオーガニックオイルなのにすごくお手頃価格なんです(*^_^*)

あんまり安いと偽物なんじゃない?と疑いそうですが、「ACO」でオーガニック認証を受けているホールセラー(卸会社)と提携することでお値段を抑えられているんですって。

サイズのバリエーションも5つあって、20ml~1000mlまであるんですが、使いやすそうな50mlを選んでみました。

新鮮なうちに使い切りたいので、50mlくらいがベストかなと思います。

オイルパックの方法

そのお気に入りのオイル2種類を使ってしているのがオイルパックです。

やり方は簡単。お風呂に入る前にクレンジングでメイクを落としてから、たっぷりのオイルを顔に塗って入浴するだけ♪

ホホバオイルでクレンジングも出来るのですが、わたしはそれはちょっと(油分が残る感じで)好きじゃなかったので、クレンジングは専用のクレンジング剤を使います。

そしてお風呂の中で気になる部分を円を描くように優しくくるくるします。

私は小鼻とかおでこを念入りにくるくる。

そしてホットタオル(タオルにお湯を浸してギュッとしぼっただけの・・・)を顔に乗せて少しの間だけホットパック。

外すときにオイルをホットタオルで拭います。

擦らないようにそっと、押しつけるようなイメージで。

ホットタオルは別にしなくてもいいんですが、した方がすっきりするのでわたしはしています。

その後洗顔料でオイルを落として終了です。

  1. クレンジング剤でメイクオフ
  2. 好きなオイルを顔にたっぷり塗る
  3. 気になる部分を優しくくるくる
  4. ホットタオルで1~2分ホットパック
  5. ホットタオルで擦らないように軽く拭う
  6. 洗顔料で洗顔

こんな感じです。

お風呂から出たら乾燥しないように、すぐアルガンオイルをてのひらに1滴落として擦り合わせてからハンドプレス。

iherbでアルガンオイルの使い方を見たら、化粧水前のブースターにと書いてあったので、今はこのように使っています。

アルガンオイルを使ってオイルパックすることもあります。

化粧水前にブースターとしてアルガンオイルをうすーく塗ると肌にハリとツヤが出て気に入ってます。(*^_^*)

朝洗顔のあとも使ってみましたが、メイクが変にテカるというか、わたしには合わなかったので今は夜のみの使用です。

わたしの憧れのブロガーさんはオイルパックを続けて、ボロボロだったお肌が現在のツルピカのお肌になったそうです。

なのでわたしもオイルパック続けたいと思います。

その美肌ブロガーさんが絶賛してたのはこちらのホホバオイル▼

アトピー肌に最適なスキンケア!NATURAL ORCHESTRAの高品質「オーガニックホホバオイル」

(リコ)

次はこれ買いたいです

全身オイルケア

ホホバオイル(その他のオイルも)はヘアケアにも使えるということで、シャンプー前にオイルで頭皮をマッサージするという方法を試してみましたが、これはわたしはこの方法は苦手でした。

髪を乾かした後も根本からしっとりしていて、もう一度洗いたい!と思ってしまった程です。

塗れ髪ヘア的なスタイルが好きな人にはいいかもしれませんが、わたしは1回きりでやめました(>_<)

ヘアケアでは、シャンプー剤に1滴混ぜてシャンプー、ドライ前に毛先に1滴塗布なら大丈夫でした。

毛先だけでも多めにつけてしまうとドシっとした毛先(ちょっと表現が難しいのですが)になるので苦手でしたね。

保湿力低めなボディクリームに混ぜて使うと保湿力が増していい感じです。

使用感にはそれぞれの好みがあるので、自分の好きな使い方を見つけるためには、色々試してみるしかないようです。

おしまい