amazonで使えるクーポン一覧をcheck!

ハーバリウム作りのコツとポイント〈作り方と必要な道具〉

ドライフラワーやプリザーブドフラワーを瓶に入れ、専用のオイルに浸した美しいインテリア雑貨のハーバリウム

ハーバリウムは”植物標本”という意味です

鮮やかな色合いのハーバリウムは、光の当たる角度により色々な表情を見せてくれる人気のインテリア雑貨です

手づくりするとなると一見難しそうですが、コツさえつかめば簡単におしゃれな作品を作ることができるんです

ここでは、作りかたのポイントとコツを紹介していきますので、ぜひ実践してみてください

ハーバリウム作りに必要な道具

ハーバリウムを作るうえで必要な道具や材料をご紹介します

必要な道具

  • ガラス瓶
  • 専用オイル
  • ドライフラワーまたはプリザーブドフラワー
  • ハサミ
  • ロングピンセット
  • オイルボトル

必ず必要なもの

ガラス瓶

ガラス瓶は色々な形のものが販売されています

デザインを決めるうえで重要なポイントですので、お気に入りの形のものをさがしてください

専用オイル

ハーバリウム専用のオイルを使用します

ミネラルオイル・シリコンオイルなど種類があり、オイルの特徴が違います

ハサミ

使いやすいものを選んでください

花材(ドライフラワー プリザーブドフラワー)

ドライフラワーもしくはプリザーブドフラワーを使用します(生花は使用できません)

自家製ドライフラワーも使用できますが、水分が残っているなど、しっかりと乾燥できていないとカビの原因になることもあるので注意しましょう

プリザーブドフラワーの方が少しお値段が高くなります

好みで使い分けてください

あれば便利なもの

ロングピンセット

ストレートタイプや先曲がりタイプを使い分けるとデザインや移動も便利になります

オイルボトル

オイルを瓶に入れる際、オイルボトルに詰め替えておけばオイルの量を調整したり、丁寧に注いだりすることが出来るなど失敗を防げます

ハーバリウムの作り方

ハーバリウムの作り方を2つご紹介します

ご自身が作りやすい作り方を選んでください

基本の作り方1

1つ目の方法は、花材とオイルを3回に分けて仕上げていく方法です

下部のデザイン崩れを防いだり、デザインの調整がしやすいなどのメリットがあります

デザインを決める

まず使うビンを決めたら、ビンを横に倒しその横に花を置いてデザインを決めます

入れる花材の量や仕上がりをイメージして並べてみてください

正面を決めてデザインするのか、どこから見てもいいようにデザインするのかも決めておきましょう

 

花材を整える

花材をカットする

選んだ花材の不要だと思う部分をハサミでカットしていきます

花材をビンの3分の1程度入れる

 

ピンセットを使って花材をビンの下部分から3分の1程まで入れて位置を調節していきます

花材の入っている部分までオイルを注ぐ

花材の上までオイルを注ぐ

花材の位置が決まったら、3分の1程度までオイルを注ぎます

花の位置がずれたら、ゆっくりとピンセット等を使って調整します

オイルを注ぐ

※オイルを注ぐ時は、オイルが直接花材に当たらないよう、ビンを斜めにかたむけつつビンに沿わせるようにゆっくりと入れてください

直接オイルを花材にかけると、デザインが崩れたり花がつぶれてしまったりする可能性があります

花材・オイルを3分の2まで入れる

3分の2まで花材を入れる

先程と同じように花材を今度は3分の2まで入れ、オイルを注ぎ位置を調整します

仕上げの調整を行う

上まで花材を入れて調整する

もういちど繰り返し、花材とオイルを入れ終わったら全体のデザインを調整します

花が切れたりする可能性があるので、あまりつつき過ぎないようにしましょう

空気を抜いてキャップを閉める

空気を抜く

オイルを入れた後、花材から空気が少しずつ上がってきます

空気が抜けたらキャップを閉めて完成です

オイル漏れしないよう、キャップはきちんと閉めてください

基本の作り方1のポイント

こちらの方法のメリットは、

  • 下部分のデザインを調整しやすい

オイルと花材をすべて入れてから調整しようとすると、花材が取れてしまったり崩したくない部分が崩れてしまったりします

それを防げるのがメリットです

逆にデメリットとして、

  • 全体像の把握がしにくい

という部分があります

最初に予定していた花材が入りきらなかったりすることもあるので、一番最初の全体像のイメージが大事になります

基本の作り方2

2つ目は最初に花材をすべて入れてからオイルを注ぐ方法です

デザインを決める

まず使うビンを決めたら、ビンを横に倒しその横に花を置いてデザインを決めます

入れる花材の量や仕上がりをイメージして並べてみてください

正面を決めてデザインするのか、どこから見てもいいようにデザインするのかも決めておきましょう

花材を整える

花材をカットする

選んだ花材の不要だと思う部分をハサミでカットしていきます

花材をビンに入れる

上まで花材を入れる

仕上がりをイメージしながら、ビンの上まで花材をいれます

花材の上までオイルを注ぐ

オイルを注ぐ

※オイルを注ぐ時は、オイルが直接花材に当たらないよう、ビンを斜めにかたむけつつビンに沿わせるようにゆっくりと入れてください

直接オイルを花材にかけると、デザインが崩れたり花がつぶれてしまったりする可能性があります

キャップを閉める

仕上がり

オイルを注ぎ終わったら花材の微調整をします

触りすぎると花が切れたりするので、あまり触りすぎないようにしましょう

キャップを閉めたら完成です

基本の方法2のポイント

こちらのメリットは、

  • 完成のイメージが掴みやすい

花材を入れてからオイルを注ぐので、花材が入りきらなかった等の失敗が防げます

デメリットは、

  • 下部分の調整がしにくい

オイルを注いでから下部分の花を移動しようとすると全体のデザインが崩れたりすることがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。